1. おいしさの秘密: おいしさのためのこだわり製法

おいしさのためのこだわり製法

素材本来の味わいや、食感を大切に。おいしさを優先させた製法を採用しています。

「おいしさ」についての考え方

【イメージ】:シュークリーム

お菓子作りにあたり、おいしさや品質を低下させることがないならば、機械化することによってリーズナブルで安全な商品を提供することが可能になります。しかし素材本来の味を引き出したり、おいしい食感を生かすことができないならば手作業をも惜しみません。生産性よりも、人間の手による味わい深く風味豊かな商品を作ることを選択します。

それがモンテールの理念でもあり、おいしい商品へのこだわりにつながっています。そしてモンテールの考え方がお客様に通じ「おいしい」という言葉になる瞬間が私たちをまた一つ大きく飛躍させるものだと確信しています。

おいしい食感にこだわった「手巻き」

【写真】:手巻きロール

ロールケーキは”機械で巻けない”やわらかさ

商品名に手巻きとつくものはもちろん、おいしさのために必要だと判断した商品は実際に手で巻いています。
たとえば「ロールケーキ」。フワっとしながらもしっとりとした生地感を大切にし、ひとつずつやさしく丁寧に手で巻いています。

【写真】:手巻きイメージ

繊細な生地で作り上げるクレープも手で巻いています。
人の手で巻くからこそ実現できたおいしい食感です。

モンテールだけの「自家製素材」

低温殺菌牛乳や新鮮な卵などおいしい素材を使ったこだわりの配合で、カスタードクリームやベルギーチョコペーストなどを開発し、毎日銅釜で丁寧に炊き上げています。
絶妙な熱加減と攪拌(かくはん)によって、素材のおいしさが活かされた風味良い味わいに。
このようなオリジナルのクリームやペーストが、モンテールだけのおいしさににつながるのです。

自家製素材

  • 【写真】:ベルギーチョコペースト

    ベルギーチョコペースト
    ベルギー産チョコレートと低温殺菌牛乳をブレンドし、カカオの香りや深いコクを生かしたペーストに。
  • 【写真】焼プリン・モンブラン

    自家炊きマロン餡
    栗をまるごと蒸し、本来の味わいを引き出したマロンペーストを使用。
    自家炊きかぼちゃペースト
    北海道えびすかぼちゃと低温殺菌牛乳をブレンドし、風味豊かに仕上げています。