1. ニュースリリース:『モンテール総社工場』 本格稼働

ニュースリリースお知らせはこちら

『モンテール総社工場』 本格稼働

2014年8月26日

西日本エリアの製造物流拠点となる「株式会社モンテール 総社工場」 

831日(日)より本生産品を製造開始し本格稼働

地域との共生を目指した直売店も併設


洋生菓子を製造販売する株式会社モンテール(本社:東京都足立区、代表取締役:鈴木徹哉、以下モンテール)では、総社市中原に建設しておりました新工場「株式会社モンテール 総社工場」が完成し、2014831日(日)より本生産を開始し、本格稼働いたします。

 

「株式会社モンテール 総社工場」は『つくば工場(茨城県坂東市)』、『美濃加茂工場(岐阜県美濃加茂市)』に次ぐ3カ所目の拠点となり、近畿・中四国・九州のスーパーやコンビニで販売されるシュークリーム、エクレアなどを製造します。

 

また、工場に併設して本格的なカフェスペースをもつ直売店『スイーツストップ』をオープンいたしました。直売店ではチルドデザートの他、バウムクーヘンなどの焼菓子も販売。さらに、直売店でしか食べることのできない自家製の低温殺菌牛乳を使ったソフトクリームやスイーツプレートも販売いたします。スイーツを通しておやつの時間のワクワクを届ける地域共生型の店舗をめざします。

 

西日本初の製造物流拠点となる「総社工場」稼働を機に、より新鮮で安全な生産体制を強化、再構築するとともに増産体制を整備し、さらなる販路拡大とブランド認知の向上を図ってまいります。


工場外観.jpgのサムネイル画像

新工場「モンテール 総社工場」




■モンテール 総社工場について                                

1.新工場設立の背景・目的

近年、『スイーツ』が日常生活の中で身近な嗜好品として定着し、需要の拡大により、より新鮮な素材でこだわりのあるものが求められています。また、「食の安全」を第一に望む声がますます高まっています。

 

そんな中、当社は一貫して『嗜好品としてのおいしさ』、『食品としての安全・安心=やさしさ』、『心を満たす(五感で感じる)たのしさ』を追求し、誠実さにこだわったスイーツ作りに取り組んできました。

 

当社はこれまで、茨城県坂東市の「つくば工場」、岐阜県美濃加茂市の「美濃加茂工場」で生産した商品を全国へ出荷してまいりましたが、もっと多くのお客様に新鮮でおいしいスイーツをお届けしたいと考え、近畿・中四国・九州エリアの生産・物流拠点として、岡山県総社市中原に新工場を設立。3番目の工場となる「総社工場」を、2014831日(日)から本格稼働するに至りました。

 

「総社工場」は西日本エリアで初めての自社工場です。新たな生産物流拠点としてこれまで以上に「おいしく」「安全・安心」なスイーツ作りを展開していくとともに、さらなる販路拡大とブランドイメージの向上を図ってまいります。

 

 

2.新工場の特徴

新工場も洋菓子の主な原材料である牛乳や卵の生産地に近い地産地消型の工場で、岡山を中心に中国地方の生乳と卵を使用。工場内にミルクプラントを設置して自社で低温殺菌牛乳を製造します。商品は、当日受注、当日生産、当日出荷のジャストインタイムシステムで製造しています。

 

安全面では「HACCP(ハサップ)システム※1」に基づいた品質・衛生管理を徹底。クリーンルーム、Hepaフィルターなど、安全性の高い設備を導入し、製品中に含まれる一般生菌数の自主基準を300個/g以下(※2に設定しています。AIB監査(※3にて、高評価を受けている「つくば工場」と「美濃加茂工場」のノウハウを活かし、新工場でもAIB監査を実施します。

 

また、より高度な衛生管理を実践するためインターロック機構の採用と各階に生産管理事務所を設置。フードディフェンス強化のため製造ラインにもモニターカメラを設置しました。生産性の高い製造ラインを1階に配置することで原材料や製品の移動距離を短縮化しより働きやすい環境づくりにも努めています。

 

社員食堂には天井に光幕(ひかりまく)を導入し自然光を利用して省エネに取り組み、西側と北側全面を窓ガラスとし解放感とリラックス感のある空間にしました。

 

高梁川の土手から見える新工場は、そこを通る人々に「スイーツらしさ」と「たのしさ」を感じていただくための外観にもこだわりました。外壁にはシルバー、シルバーブラウン、ゴールドの3色をランダムに使用し、まるでチョコレートがかかっているかのようなシズル感と楽しげな表情を演出。R形状の曲線でスイーツのやさしさも表現しました。

 

さらに近隣の方々の憩いの場となる、本格的なカフェスペースを持った直売店『スイーツストップ』を工場に併設。自家製の低温殺菌牛乳で作るソフトクリームやスイーツをゆっくりと楽しめます。

 

 

1.米国NASAがアポロ計画において宇宙食の安全性を限りなく100%に近づけるために考え出した食品衛生管理の手法(Hazard Analysis Critical Control Point=危害分析・重要管理点)。

2.食品衛生法による基準は10万個/g以下。

3.食品施設や食品関連施設において製品製造および管理のための食品安全環境を整えるために米国製パン研究所が確立した食品安全管理システム。

 

 

 

 

3.新工場設立による効果

今回、原材料産地と消費地の両方に近い西日本エリアの拠点となる新工場稼働に伴い、地理的利便性を活かして近畿・中四国・九州エリアへ十分な供給量を流通させることが可能となります。9月には清水白桃、10月にはニューピオーネを使った商品を西日本エリア限定で展開します。

 

営業面では、大阪府に昨年、営業所を開所。新工場稼働にあわせて1名増員し強化をはかります。20158月期は全体売上290億円を目標に掲げています。総社工場では初年度36億円を見込んでおり、将来的には100億円以上の生産が可能な体制を整えています。

 

 

4.新工場の概要  

・名称:モンテール 総社工場

・住所:岡山県総社市中原888

・竣工日:2014818日(月)

・敷地面積:39,049

・延床面積:16,084

・主要設備:

  -低温殺菌のためのミルクプラント

  -NASA規格クラス10,000以下の『Hepaフィルター』をつけたクリーンルーム

  -井水浄化設備

  -原料の自動搬送システム(生乳・グラニュー糖)

  -自動殺菌装置

  -燃料としてLNG(液化天然ガス)を使用

  -自家製カスタード用銅釜

  -製造ライン:5ライン(スタート時)

・生産能力:10万個/1

・予想生産額(初年度):約36億円

・生産品目:シュークリーム、エクレア、どら焼き

 



5.直売店『スイーツストップ』の概要

直売店外観.jpg       


直売店内観.jpg

 

・名称:「モンテール スイーツ ストップ」

・住所:岡山県総社市中原888

・延床面積:251.7

・客席数:店内24席、テラス9

・営業時間:10:001700

・定休日:なし ※年始は除く

・駐車場:15


<この件に関するお問い合わせ先>

株式会社モンテール    広報チーム

報道関係の皆様    TEL 048-994-2300 FAX 048-994-3700  E-mailpr@monteur.co.jp

一般のお客様        フリーダイヤル:0120-46-8823 (土日祝日を除く917時)