1. ニュースリリース:2013年5月1日 学研の「ぴよちゃん」とコラボしたAR絵本のサービスを開始

ニュースリリースお知らせはこちら

2013年5月1日 学研の「ぴよちゃん」とコラボしたAR絵本のサービスを開始

2013年4月26日

学研の人気絵本「ぴよちゃん」とコラボレーション

AR絵本×スイーツで、親子の時間をおいしく、たのしく。

「電子絵本」が、ARでさらに進化。主人公と一緒に想い出づくり、シェアも簡単。


株式会社モンテール(本社:東京都足立区、以下モンテール)は、株式会社学研教育出版(本社:東京都品川区、以下学研)とコラボレーションをしたAR(拡張現実)絵本を制作。201351日(水)からチルドデザートのパッケージ等を介して無償提供し、親子のコミュニケーションをおいしく、たのしく盛りあげます。※商品により販売エリアが異なります。販売エリアでも取扱いのない店舗がございます。

 

 

おやつの時間は、もう"食べるだけ"の時間じゃない。

AR絵本付きスイーツで、親子のおやつタイムをもっと楽しく。

モンテールのスイーツも、学研の絵本も、笑顔をはぐくむもの。また、ファン層も小さい子どものいるファミリーと重なります。『より多くのシーンで親子・家族の笑顔を増やせれば』という想いのもと、発売15周年を迎える主力商品「牛乳と卵のシュークリーム」と、10周年を迎える人気絵本「ぴよちゃん」が、お互いの周年事業の一環として、スイーツと絵本の魅力を融合させたコラボレーションを実現。書店で発売中の人気絵本のエンディングにスイーツの魅力をプラスした、限定ストーリーのAR絵本を、モンテールの商品パッケージ等を介して無償提供し、親子で過ごすおやつの時間をより豊かに盛り上げます。5月より始まる第1弾に続き、段階的に第2弾、第3弾の配信を計画。今後は、父の日や夏休み等のタイミングで親子参加の読み聞かせイベントも実施予定です。


●第1弾は、お菓子がいっぱい出てくる絵本『へんしん おやつ』が登場。

当コラボでしか楽しめない、作者オリジナルの描き下ろしつき!

主人公と撮影できて、シェアも簡単。オリジナリティ溢れる想い出づくりに。

学研の「ぴよちゃん」シリーズを、AR技術を使った3Dデジタル絵本コンテンツに。おやつタイムに、いつでもどこでもスマホひとつで絵本を楽しめるよう、商品パッケージから手軽にダウンロード可能にしました。コンテンツの最後に、「ぴよちゃん」と写真が撮れるフォトフレームをつけて、心温まる想い出づくりを応援します。

エンディングは、モンテールのスイーツにちなんだオリジナルの展開に。

P1.JPG

第1弾】モンテールコラボ限定『へんしん おやつ』

ぴよちゃんの魔法で、いろんな動物がおやつに変身していく『へんしん おやつ』は、

おやつタイムにピッタリ!エンディングにモンテールのスイーツにちなんだオリジナル

ストーリーをプラス。また、最後にぴよちゃんと写真が撮れるフォトフレームが登場。

AR絵本の画面   *画像はイメージです。変更になる場合があります

スライド1.JPG

◎絵本を持ち運ばずとも、スマートフォンひとつでいつでも読み聞かせタイム。

ARならではの3D感により、よりアクティブな演出で絵本のワクワク感をアップ。

◎最後は、絵本から主人公が飛び出して、一緒に記念撮影できるフォトフレーム付き。

◎撮影した写真は、ワンタップでSNSやメールを介し、簡単にシェアが可能。


AR絵本の楽しみ方

①『App Store』か『Google Play』から無料アプリ『ARAPPLI(アラプリ)』をダウンロード

②『ARAPPLI(アラプリ)』を起動し「scan」→「QRAR」をタップ

QRコードを読み込むと、コンテンツ再生がスタート

QRコードは、対象商品のパッケージやモンテールのホームページ等にて公開予定。なお、ARAPPLI

QRコードよりダウンロード可能です。


AR(※1絵本コンテンツ付き(※2商品

スライド3.JPG

■「牛乳と卵のシュークリーム」

■「牛乳と卵のカスタード&ホイップシュー」

販売期間:201351日(水)~630日(日)

メーカー希望小売価格:105円(税込)

販売エリア: 北海道を除く全国

 

■「生クリーム仕立てのプチシュー」

販売期間:201351日(水)~630日(日)

メーカー希望小売価格:263円(税込)

販売エリア:全国(※北海道は一部の店舗でのみ発売)

 1 AR="Augmented Reality(拡張現実)技術"とは、現実の環境から知覚に与えられる情報に、コンピュータが作り出した情報を重ね合わせ、補足的な情報を与える技術です。例えば、カメラを通してディスプレイに映し出される「現実」のビジュアルに、テキストや画像、3D オブジェクトなど、さまざまな情報を重ね合わせて表示するといった拡張処理が可能です。

2 各商品のパッケージにはAR(拡張現実)1アプリを使って遊べるQRコードが付いており、アプリをダウンロードすると、3Dデジタル絵本『へんしん おやつ』が再生できます。なお、本サービスは、アララ株式会社(本社:東京都港区 http://www.arara.co.jp)のスマートフォン用無料アプリケーション『ARAPPLI(アラプリ)』にて提供します。


【学研の人気絵本『ぴよちゃん』シリーズ】
0
歳から2歳までのファーストブックから、小学校低学年向け絵本まで、累計222万部の人気絵本シリーズ。直感的に楽しめる「さわる絵本」や「しかけ絵本」、ストーリー性豊かな「お話絵本」など、お子様の成長にあわせた複数のラインアップがあります。

 

【絵本作家いりやまさとしさん プロフィール】

東京都生まれ。キャラクターデザイン、グリーティングカードのデザイナーを経て、フリーの絵本作家に。代表作は、『ぴよちゃん』シリーズ(学研)、『みどりのくまとあかいくま』シリーズ(ジャイブ)、『おやすみなさいのおと』(講談社)ほか多数。


<モンテールのこだわり>

産地直結型工場で、地元の新鮮素材を使用

新鮮素材をたっぷり使用して、自社銅釜で炊き上げたカスタードクリーム

安全・安心のHACCP対応工場で生産 

画像データが必要な方は、下記までお問い合わせくださいませ



<この件に関するお問い合わせ先>

株式会社モンテール            広報チーム

報道関係の皆様    TEL 048-994-2300 FAX 048-994-3700  E-mailpr@monteur.co.jp

一般のお客様        フリーダイヤル:0120-46-8823


(参考資料)

【デジタル絵本及び、知育・育児のデジタル活用について】

 ●デジタル絵本例(体験する絵本「ぴよちゃんfor iPad/iPhone / 学研教育出版×㈱フィジオス)

『おやこで あそぶ しかけえほん』の世界を独特のアプリ手法で表現した、

見たり・触ったりした瞬間に「びっくり・にっこり」する仕掛けがたくさん盛り込まれた「体験する絵本」アプリ。


●デジタル絵本を楽しめる施設も登場 (「デジタルえほんミュージアム」/大日本印刷㈱ )             20131月、東京都新宿区にオープンした「コミュニケーションプラザ ドットDNP」内にあります。約150のデジタル絵本や関連するワークショップが体験できます。AR技術によって、自分でキャラクターを動かせるデジタル絵本もあり、子どもや家族向けのコーナーが充実。


●知育・教育系のアプリを提供するポータルサービスも開始

某大手インターネットネットサービス会社は、201212月、無料通話・無料メールスマートフォンアプリにおいて、知育・教育アプリを厳選して提供するポータルサービスを公開。


●知育アプリも、デジタルを駆使して遊びながら学べるよう進化中。

うたに合わせて親子で楽器遊びができる知育アプリや、定番の童謡や英語のうた、人気のTV・アニメソングに合わせて、楽器遊びができるアプリ、海外の子どもと友達になれるアプリなど、子ども同士や親子で一緒にでも楽しめるコンテンツが続々登場。